小玉歩The Mail Magazineの本題に入ります

※The Mail Magazineに特典を用意しました!詳細はこちらをクリック!

前回の記事は、
The Mail Magazineというタイトルだったにもかかわらず、
肝心のメルマガについてのお話にたどり着く前に力尽きてしまいました(爆)

FMCや小玉さんのもとで、物販のスタープレイヤーに囲まれることで、
自然と自分自身の物販力も上がったよ、ってお話でした。

で、本題に戻るんですが、ようやくここで登場します。
The Mail Magazine。

FMCの一番の醍醐味は決して物販ではありません。
私が月3万円を投資し続けてFMCに残り続けている一番の理由。

何を隠そう、それこそが小玉歩さんの
ゴールデンルールの後半戦。
The Mail Magazine
です。

はい。メールマガジン。メルマガですね。

物販で成果を出したら、その実績をもとに情報発信でさらに稼ごうという。

とにかくメルマガは、レバレッジの効きやすいビジネスモデルです。

物販の外注化はお金を使って、言ってみれば組織を大きくして稼ぎを膨らます方法ですが、
メルマガのレバレッジは全く違います。
大きくするのは組織ではなく、メルマガ媒体。
そしてマネタイズのための作業の内容は全く変わりません。
100人の読者だろうが1万人の読者だろうが、
一度集客してしまえば、その後のセールスの労力は一緒。
1通のメールを書く労力。
それが媒体の大きさに「掛け算」されるわけです。

何と言っても小玉さんの真骨頂はメルマガです。
メルマガアフィリエイト。

capture1

鬼の集客
仏の価値提供と信頼構築
悪魔のセールス
愛のフォローアップとリピーター化

今回、The Mail Magazineのセールスレターに書かれている内容が全てです。

※FMC募集のレターなどもそうですが、小玉さんのセールスレターは、
他の胡散臭い教材と違って、実はキモの部分をまず明らかにしています。
レターを読むだけで勉強になってしまうタイプのヤツです。

とにかく
集客、関係構築、セールス、フォロー、

これらをただひたすら突き詰めて繰り返す。

言ってみればそれだけ。
ただ、言うのは簡単でも実践するのが難しいわけです。

いや、本当に難しい。

難しいからこそ私もずっと傍でウォッチしているんです。
毎月3万円払って。
capture2

で、そうしているとわかるんですが、
これらの要素のそれぞれについて、
小玉さん自身、常に進化し続けている。
もう目が離せません。

それが今回、小玉さん自身の手で体系立てて教材化されます。

ちょっと私のこれまでの実践スタイルとは違うので、
なかなか型どおり実践できずにいるのですが、
このサイクルがハマればデカいことは十分わかっています。

ふだん忙しいからこそ、このようなレバレッジの効きやすいビジネスに
移行しなくてはいけません。

だから私は買います。
The Mail Magazine。

毎月3万円払い続けて小玉さんの傍にいる私にとっても、
さらに3万円払って手に入れたい教材です。
ていうか、これはFB集客エリートコースと同様に
正直言ってFMC内限定で公開してもらいたかった内容です。

億を稼ぎ続ける業界トップのノウハウが、
一般公開で、価格が3万とかお手頃すぎて勘弁してほしいです。

※The Mail Magazineに特典を用意しました!詳細はこちらをクリック!

capture3
The Mail Magazine

購入.GIF

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ