祝!Last Chance「ひなた式在宅カメラ転売」発売!全てのノウハウコレクターへ

私のNBGC時代からの盟友、
ひなたさんこと日向寺恭子さんが教材を発売しました。

Last Chance「ひなた式在宅カメラ転売」
capture14

ネットビジネス引退をかけた背水の陣で挑んだカメラ転売によって、
ついに長い長い、8年にも及ぶノウハウコレクター時代に終止符を打った彼女のドラマ。

セールスページに書かれているのはまぎれもないノンフィクションであることは
私が保証します。

「来月10万稼げなかったらネットビジネスから足を洗え」

チャット上での突然の最後通告を、
まさに目の当たりにしたのが私達です。
歴史の証人です。

舞台は「三浦組」不夜城チャット。
当時、小玉さん主催のNBGCに、
三浦孝偉さんの紹介で入会したメンバーからなるグループでした。

ひなたさんは、その中核メンバーでありながら、
youtubeアドセンスに取り組んで月1万円も稼げずに、
試行錯誤の毎日でした。

後から始めた私がサクッと再生回数を稼ぐのを横目に、
嫉妬と焦りを感じているのは傍から見て解っていました。

聞けば、youtubeアドセンスだけではなく、
それまでにあらゆるジャンルのネットビジネスに手を出しては、
結果が出ずに次を模索する、典型的なノウハウコレクターでした。

それでもめげずに続けている彼女を見て、
「ああ、このヒトは稼ぐためにやっているんじゃない、
 ネットビジネスが趣味なんだろうなー」
と思っていました。

ですが我々はお遊び集団ではありません。
NBGCという業界最高峰のビジネス集団に属していながら、
稼げなくても楽しいから続ける、という、
なあなあスタンスは許されなかったのです。

「来月10万稼げなかったらネットビジネスから足を洗え」

これは三浦さんの厳しさでもあり優しさでもあったと思います。
だってその8年間のノウハウコレクター時代の、
ネットビジネスへの投資額、300万円以上。
今後もこのまま積み重ねていくことを考えたら・・・

私がチャット上のその最後通告を目にしたとき、
仲間を一人失うことを覚悟して一瞬絶句しましたが、
センスが無いなら諦めさせてあげた方が彼女のためかも、
と、私も本気で考えました。

しかし、そこからのひなたさんは、
それまでの彼女とはひと味もふた味も違っていました。
あんなに大好きだったチャット上でのおしゃべりもしばらく断つ勢いで、
まだネットビジネス歴もそこそこの、ひと回り以上も年下の青年に教えを乞うて、
鬼気迫る勢いでカメラ転売に没頭しました。

そしてついに、それまでがなんだったのか、というくらい
あっけなく月17万円の利益をチャット上で報告し、
見事ノウハウコレクターから涙の卒業を果たしたのでした。

彼女に必要だったのは、
ノウハウやセンスではありませんでした。
指導者を信じて一心不乱に実践する集中力と行動力。

そして唯一、彼女が運よく持ち合わせていたのは、
成功するまで続ける諦めの悪さ。

最初の実績を出すためにはこれらが必要です。

そんなノウハウコレクターの悩みも焦りも知り尽くしたひなたさんが、
今度は指導する側に回ります。
安心して信じて、とことん付いて行ったら、
きっと良い事あると思います。
  ↓
Last Chance「ひなた式在宅カメラ転売」
capture14

・・・

実はカメラ転売は、最近になって私も密かに狙っていたジャンルでした。
私の場合、カメラ「輸出」なんですが、独学で少しずつ実践を進め、成果も出ています。

capture15
(※カメラだけの成績ではありません)

今回、ひなたさんが丁寧に作りこんだ教材で、
改めてカメラについて、ポイントを抑えて学ぶことが出来ました。
いやー、タイミングが良かった。

仕入れ
検品
清掃
補修
出品用写真の撮影

カメラ転売のポイントは国内だろうが輸出だろうが同じです。
これに、蓄積しつつあるebayノウハウを絡めて、さらに上を目指します!

そんな私のカメラ輸出と違って、
ヤフオクから仕入れてヤフオクで売る、国内完結の
Last Chance「ひなた式在宅カメラ転売」。

ひなたさんが、ほぼ実績ゼロのノウハウコレクター状態から、
なんと1ヶ月で17万の利益を稼ぎ出した、初心者にもお勧めのノウハウです。
なにより自分が元ノウハウコレクターだけあって、
ノウハウコレクターや初心者を稼がせる視点は超一流です。
きっと稼げないマインドを気持ちよく崩壊させてくれるはずです。

私からの購入者様にはサポート期間の延長を含め、
ひなたさん直々に特典をたくさん頂いています。
どうぞコチラからご確認ください。
  ↓
Last Chance「ひなた式在宅カメラ転売」の特典とレビュー

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ