The Mail Magazineの極意をFMCで小玉歩さんから学ぶ 

※The Mail Magazineに特典を用意しました!詳細はこちらをクリック!

The Mail Magazine。

私は今、小玉歩さん主催のFMCで日々ネットビジネス全般について学んでいます。
Frontline Marketing Club、通称FMCは、
インフォトップのアフィリ報酬ナンバーワンである小玉歩さんの指導を
毎日直接受けられる業界最高峰のコミュニティだとおもっています。

capture1

会費はぶっちゃけ月額3万円です。

これを高いと思うか安いと思うかは各々の判断です。

FMCが発足して1年以上経ちますが、ずっと続けている方もいれば、去って行った方もいます。
途中参加の方もいます。

一概には言えませんが、
ビジネスで成果を出しているヒトが残っていってる感じです。

初心者さんも、きっちり行動して、成果を出したヒトが残り、
もがいている途中のヒトもなんとか必死にしがみついている中、
やらないヒトは去って行きます。

となれば、メンバーは自ずと洗練されてきています。
精鋭揃いです。
ここはホンモノの環境です。

私はFMCの前身であるネットビジネスゴールデンクラブ、通称NBGC時代から、
かれこれ2年以上、小玉歩さんのもとで、
月収1000万クラスの多彩なモンスターたちに囲まれながら、日々過ごしています。
私はビジネスオールジャンルが大好きなので、
様々なジャンルの実績者が集まるこの環境にはシビレます。

特にFMCには物販のツワモノが多いです。
国内転売、欧米輸入、中国輸入、輸出転売。

小玉さんのゴールデンルールは非常にざっくり簡単に言えば、
物販ビジネスで成果を上げて → その実績をもとに情報発信で稼ぐ。

つまりは最初の一歩として推奨しているのが物販なので、
自然と物販プレイヤーが集まるわけです。

私はFMCに入るまでは、物販は国内転売をそこそこかじる程度だったんですが、
FMCで周りに触発されて、最近では結構力を入れて取り組むようになりました。

国内転売とebay輸出で月50万くらいは利益で稼げるようになりました。

capture4

capture1

国内転売に関しては、単純に自分の中の基準値が変わって、
恐れずに仕入れるようになったら勝手に利益が上がりました。
そりゃそうです。仕入れて売り上げない限り利益は上がりません。
仕入れに歯止めがかかったら売り上げも利益も伸びないのです。
こんな簡単なことに気付かせてくれたのがFMCでしたし、
周りの環境あってのことでした。


もうひとつ、私がFMCに参加して眼からウロコだったキーワードは「外注化」です。


私の次の物販の目標は、とりあえずほぼ手離しで月100万円の利益です。

FMCの物販プレイヤーには、自分の手を動かさずに、
他人に仕事を任せて稼いでいるヒトが多いです。
自分一人で作業するには限界がありますからね。
稼いでいる人ほど外注化しています。
他人の力を借りて自分のビジネスを大きくする意識です。
経営者目線とでも言いますか。

こうなってくるとまさに「ビジネス」です。
純粋な「ネットビジネス」と言えるかというと、私は微妙な気がしますし、
価格差探しの楽しさとか見失ってしまいそうです。

なので、私が目指すのは「ほぼ外注化」。
リサーチとか英語での顧客対応とか、
楽しい部分はある程度自分でやりたいクチですから。

で、本題に戻りますが、ようやくここで登場します。
The Mail Magazine。

そうは言っても、FMCの一番の醍醐味は決して物販ではありません。
私が月3万円を投資し続けてFMCに残り続けている一番の理由。

何を隠そう、それこそが小玉歩さんの
ゴールデンルールの後半戦。
The Mail Magazine
です。

なんか長くなってしまったので今日はこの辺で。

つづく
 ↓
The Mail Magazineの本題に入ります

※The Mail Magazineに特典を用意しました!詳細はこちらをクリック!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ